PHP Wordpress/Movable Type

2012年9月3日 at 10:21 PM

PHP/WordPress リバースプロキシを導入しWordPressの動作レスポンスを改善する

WordPressを利用しているとアクセスした際の反応が妙に遅いと感じると思います。

 

WordPressは動的なプログラム(PHP)で構成されているため、訪問者がアクセスしにいくたびにデータベースにデータを要求し必要な情報を取得した後加工して保存するプロセスを踏みます。

 

同じCMSであるMovable Typeでは、投稿と同時に静的HTMLファイルを作成し、それを訪問者に見せる仕組みのため、アクセスが重いと感じることはあまりないと思います。

 

同じようなことをWPでやるには、キャッシュ機能をもったリバースプロキシを利用します。リバースプロキシはプロキシの逆で、クライアントではなくサーバー側の構成を隠蔽するために用いられます。同時にプロキシと同様キャッシュ機能があるので、訪問者が一度アクセスしたページのキャッシュを自動作成し、それを次以降にアクセスした訪問者に見せるため応答が非常にはやくみえます。

 

TOTEKANさまにて、Wordpress向けの「Nginx + リバースプロキシ」導入方法が掲載されているのでメモしておきます。

さくらVPS を設定してみる:Nginx + リバースプロキシで WordPress を動かしてみた♪

 

 

参考)WordPressを高速化するキャッシュプラグインあれこれ ~ 静的HTMLを作成するページキャッシュプラグインWP Super Cacheなど

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!