Web収入

2014年1月22日 at 8:31 PM

電子申告送信ミスに気づいた。修正(訂正)でなく取り消し・破棄する方法

電子申告e-Taxにおいては、期限内であれば修正後のデータを再送信(電子署名だけ外して、内容修正してから再度署名したデータを用意)することで上書きされる扱いとなり、内容修正が可能です。

etax

————-

86
6‑3‑5:e‑Tax ソフトで申告書を作成したところ、プルダウンメニューで税目が何も表示
されません。
:e‑Tax ソフトを e‑Tax HP よりインストールすると、当初は e‑Tax ソフト(共通プログ
ラム)のみがインストールされます。通常は続いて e‑Tax ソフト(税目プログラム)の
インストールで、必要な税目のプログラムをインストールしますがそれを実行していな
かったものと考えられます。対処法としては、e‑Tax を起動してインターネットに接続
後、以下の画面で「追加インストール」を選び利用する税目にチェックを入れ「インス
トール」をクリックしてください。症状は改善されます。
(注)平成 20 年1月4日以降、開始届出書を作成する場合は必ず「追加インストール」→
「申請」→「開始届出」を選択してインストールを行うようにしてください。
      また、個人に通知された利用者識別番号で作成した利用者ファイルから e‑Tax ソフ
トを起動した場合、法人税関係の税目は表示されず、逆に、法人に通知された利用者
識別番号で作成した利用者ファイルから e‑Tax ソフトを起動した場合、所得税関係の
税目は表示されません。
      税理士(個人)の利用者識別番号で作成した利用者ファイルから e‑Tax ソフトを起
動した場合、法人税関係の税目は表示されません。
6‑3‑6:申告書を作成し、電子署名を行い送信しようとしたところ、作成誤りに気づきま
した。どうしたらいいですか。
:電子署名がされた申告書等は訂正することができません。したがって、一旦電子署名
を削除して署名のない状態にし、
誤りを訂正した後再度署名を付して送信してください。
e‑Tax ソフトでは、電子署名を削除せずに訂正して作成・保存すれば電子証明は削除さ
れます。
6‑3‑7:パソコンへの入力ミスや、申告書の作成誤りが電子申告送信後に判明した場合、
税理士はどう対処したらいいですか。
(申告期限の前後による取扱いの差異も含めて)
:申告期限内であれば、
「訂正申告」に該当しますので、申告書等の作成誤りを訂正して
再度送信してください。この際、書面ベースの申告書の場合「訂正申告」と赤記したよ
うな特別なことは一切不要であり、
通常どおり送信すれば最後の送信分が採用されます。
添付書類については、最初の申告と同時に申告書等送信票(兼送付書)に添付して送
付済みの場合は、再度送付する必要はありません。訂正により新たに添付が必要となっ

た書類のみ送付書とともに送付してください。

—————-

 

 

問題なのは「キャンセル(取消し)」です

内容ではなくカテゴリー的にそもそも間違った申告書を送ってしまった場合(法定調書を送りたいのに法人税の申告書送ってしまった場合など・・)は修正できません。

書類で物理的に提出する場合このようなことが発生するのはありえないですが、電子ベースだと、たとえば前年度の申告データがなぜか入り込んでたとかわりとよく発生しがちなミスかと思います。

 

 

以下サイトさまのように、税務署からおかしいと思って確認の電話をくれるケースがあります。

この場合、その場で「取り消してください」と言えばとくに手続きも無く取り消ししてくれます(ただし場合によっては下述のような申請書の提出を求められます)。

2009/2/26 おばさん税理士 税法はミステリーより面白い [確定申告]電子申告送信ミス

 

 

 

しかし事務員が電話を受けてしまった場合など、その場で「お手数ですが取り消しておいてください」と言えなかった場合は、悩みます。

 

基本的に「申告(書)は取下げできない」という大原則があります。

申請と届出については、場合により取り下げることが可能です。

「撤回」というものありますが、撤回は本来確定申告書を提出する必要(義務)がない人が、確定申告書を提出した場合に、その申告を撤回するために使われるものです・

 

 

となると、「申告」書ですから、修正は出来ても「取下げ」は出来ないことになります。可能な取消し手法は「取下げ」と「撤回」のみですから、詰んだことになります・・・

 

 

しかし人がやることなので、税務署も妥当な理由なら「寛容」に動いてくれます。以下の流れで対応してくれます。(私は実際に経験しているので確かな方法です)

1.税務署に電話して仔細を説明する

2.書面で取り消して欲しい旨の申請書を出す。フォーマットはとくになし。以下サイトさまで掲載されている「取下げに関する申請書」のフォーマットで構いません。

取り消して欲しい電子申告の受け付け番号と送信タイミングを追記するくらいです。

西嶋会計事務所 08/25: 取下書の書式・ひな形(税務署に提出した書類等)

 

上記を編集させていただいたものを添付いたします。

取下書

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!