VB6 Windows

2014年4月14日 at 7:34 PM

VB6.0でエクセルに出力するプログラムを組んでいるが「実行時エラー7、メモリー不足」が出る

同じプログラムを実行しているのに出る端末と出ない端末がある。事象が出る端末は、いつかの時点から突然発生するようになった(昔は問題なかった。問題が起こったタイミングがわからず、その直近で行ったシステム更新も追えない)。

Officeのバージョンも同じ(Office 2000)だが、事象が出る端末のOSはWindows 7 64bit。事象がでない端末のOSはWindows 7 32bitである。

 

 

 



1.Excelが使用できるメモリー量を調査する

Excelが使用できるメモリは、パソコンに搭載されている物理メモリの容量とは直接関係しません。

したがって、アプリケーションごとに決められたメモリーの範囲でしか、作業することはできません。

正常に動作する端末とエラーが出る端末で状況を比較します。

 

 

Excelが使用できるメモリー量を調べる

Office Tanaka メモリの状況を取得する

アプリケーションとしてのVBA ◆Excelが使用できるメモリ容量の取得

 

 

 2.OS、Officeの再インストール

システムチェッカーコマンドを試す(OSのインストーラーROMの準備要)

> sfc /scannow

 

再インストール(新規インストールにて)が可能であれば、OS導入後、Officeと該当のVB6.0アプリを入れた状態で事象が再現するか確認する。

 

C:\Users\Administrator>sfc /scannow

システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかり、それらは正常に
修復されました。詳細は、CBS.Log windir\Logs\CBS\CBS.log に含まれています。例
C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log

C:\Users\Administrator>

 

 

3.他のプログラムと干渉していないか調べる

上述2を実行した後、システムにログイン後真っ先に、Excelと連携するVB6.0プログラムを起動したら事象が発生しなくなった。しかししばらく経つ(そのまま何もせず放置)とだめになる。

→ その後にバックグラウンドで自動起動したアプリに問題があるのでは?

 

 

1個1個プロセスを落として状況を確認していったところ、

Comodoコマンドプロセスというのを落としたら、事象が解消した。

事象が出る端末では、Comodo Internet Securityを稼働していると問題が起こることがわかった。

→ 最新版を再インストールし直すか、別のウィルス対策ソフトを利用することに

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!