Windows

2014年9月11日 at 5:37 PM

LordPerfでイベントID:3012エラー|lodctr /Rを管理者権限で実行して復旧する方法

以下のようなエラーがWindowsのイベントログ(アプリケーション)で出力された場合、パフォーマンスカウンターを手動で再構築することで解決できる可能性があります。

パフォーマンス カウンター ライブラリの値を手動で修正する方法

 

——
エラー 3012 ソース Microsoft-Windows-LoadPerf
Performance 拡張カウンター プロバイダーを処理するときに、パフォーマンス レジストリ値のパフォーマンス文字列は壊れています。パフォーマンス レジストリからの BaseIndex 値は、データ セクションの最初の DWORD で、LastCounter 値は、データ セクションの 2 番目の DWORD で、LastHelp 値は、データ セクションの 3 番目の DWORD です。
——
エラー 3011 ソース Microsoft-Windows-LoadPerf
サービス WmiApRpl (WmiApRpl) のパフォーマンス カウンターの文字列をアンロードできませんでした。エラー コードがデータ セクションの最初の DWORD に含まれています。
——

 

 

方法は以下の通りです。

もう少し細かく手順通りにやるなら以下のリンクも参考ください。

EVENT ID:2004 パフォーマンス レジストリ値文字列は、壊れています。エラーの対処方法

 

 

1.Windowsスタート – 「すべてのプログラム」 – 「アクセサリー」 – 「コマンドプロンプト」を選択し、右クリックして表示されるメニューより「管理者として実行」を選択します。

 

 

2.以下コマンドを実行します。

> LODCTR /R

情報:パフォーマンス カウンターの設定をシステムのバックアップ ストアから正常に再構築しました。

 

 

 

上記1で、「管理者として実行」を選ばないと

エラー: パフォーマンス カウンターの設定をシステムのバックアップ ストアから再構築 できませんでした。エラー コードは 5 です

と出てしまいます。

 

 

もし、管理者権限で実行しても、エラーコード5が出る場合は、正常に動作している別のパソコンから以下2つのファイルをコピーして上書きます(事前に従前のものもコピーして控えておいてください)

 

%Systemroot%\System32\perfc009.dat
%Systemroot%\System32\perfh009.dat

 

 

C:\Windows\System32以下に入っていると思います。

 

 

 

 

上述を行った後にシステムを再起動すると、Search ID3006, 3007, 10021に関するエラーが表示される場合があります。

以下サイト様の手順にならって解消します。

2011/1/10 milの雑記屋本舗 「LoadPerf」 パフォーマンスモニタのエラーを解決

 

 

 

今回、この方法による修復を試みたところ、該当のトラブルは解決されました!が・・
別のエラーが発生した模様。それは次のようなものでした。

・イベントビューアに記録されるエラー Search ID3006, 3007, 10021

解決方法は次の通りです。
1.コントロールパネル→プログラムと機能を開く
2.ウインドウ左のリストより「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック

「コントロールパネル」 – 「プログラムと機能」 – 左メニュから「Windowsの機能の有効化または無効化」でもOKです

 

3.「Windows Search」のチェックを外して無効化する
4.システムを再起動
5.1~2の手順後、Windows Searchのチェックを入れて有効化する

以上で、これら一連のエラーは無事解決できました。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!