Windows

2014年11月13日 at 5:29 PM

イベントID:257 「CAPI2 暗号化サービスで、カタログ データベースを初期化できませんでした。」エラーが出力される

Windows Server 2008における、以下エラーについて

 

2014/11/12 6:13:10 イベントID:257 CAPI2

暗号化サービスで、カタログ データベースを初期化できませんでした。ESENT エラー: -1305。

 

- System

  – Provider

   [ Name]  Microsoft-Windows-CAPI2
   [ Guid]  {5bbca4a8-b209-48dc-a8c7-b23d3e5216fb}
   [ EventSourceName]  Microsoft-Windows-CAPI2
 
  – EventID 257

   [ Qualifiers]  0
 
   Version 0
 
   Level 2
 
   Task 0
 
   Opcode 0
 
   Keywords 0×8080000000000000
 
  – TimeCreated

   [ SystemTime]  2014-11-11T21:13:10.074210000Z
 
   EventRecordID 26542179
 
   Correlation
 
  – Execution

   [ ProcessID]  1008
   [ ThreadID]  152
 
   Channel Application
 
   Computer Dells5.s4.comnet
 
   Security
 

- EventData

   -1305

 

 



◆解決方法

1.コマンドプロンプトを右クリック「管理者として実行」で、管理者で起動します

 

 

2.以下コマンドを上記1のコマンドプロンプトから実行し、Cryptographicサービスを停止します。

> net stop cryptsvc

 

 

3.以下コマンドを上記1のコマンドプロンプトより実行します。本コマンドはカタログデータベースが壊れていると判断できる場合のみ行ってください。

 

> esentutl /p %systemroot%\System32\catroot2\{F750E6C3-38EE-11D1-85E5-00C04FC295EE}\catdb

 

緑文字のディレクトリは事前に「C:\Windows\System32\catroot2\{F750E6C3-38EE-11D1-85E5-00C04FC295EE}」に存在するか確認してください。

 

Extensible Storage Engine Utilities for Microsoft(R) Windows(R)
Version 6.1
Copyright (C) Microsoft Corporation. All Rights Reserved.

Initiating REPAIR mode…
        Database: C:\Windows\System32\catroot2\{F750E6C3-38EE-11D1-85E5-00C04FC2
95EE}\catdb
  Temp. Database: TEMPREPAIR7144.EDB

Checking database integrity.

                     Scanning Status (% complete)

          0    10   20   30   40   50   60   70   80   90  100
          |—-|—-|—-|—-|—-|—-|—-|—-|—-|—-|
          ……………………………………………

Integrity check successful.

Note:
  It is recommended that you immediately perform a full backup
  of this database. If you restore a backup made before the
  repair, the database will be rolled back to the state
  it was in at the time of that backup.

Operation completed successfully in 23.759 seconds.

 

4. 「C:\Windows\System32\catroot2」フォルダーを別の名前にリネーム(catroot2.oldなどとでも)して退避しておきます。

 

 

5.上記1のコマンドプロンプトより、以下コマンドを実行し、Cryptographicサービスを起動します。

 > net start cryptsvc 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!