Web収入

2015年2月18日 at 6:03 AM

ヤンキーファッションブランド「ワールド商事」|金持ちヤンキーを商売にして市場規模は8億円

2015/2/3 誰トク!?

 

 

岐阜県揖斐郡。

ヤンキー服を作って25年。ワールド商事。

 

ブルゾン9,800円。セットアップ15,000円。

モデルさんは社長の息子。

 

 

社長はドン小西のような人ではなく、普通のおじさん。尾河英樹さん(71)。カリスマデザイナー

 

 

社長「元々は別なことやってたんだけどさ。ヤンキーは金持ちだから

 

従業員は、社長の息子の専務兼モデルの尾河結城さん(39)。市場シェアは8億。年商は数億円。

別のところだが名古屋の卒業記念制服(卒業式のオフに着るという伝統の風習。親に借金せずに金を作る)も、刺繍代だけで1着10万円。

他では手に入らないし、派手なので、利益を乗せやすい

 

 

 

社長「デザインは、一般の方が着られない。表を歩けないようなものにすることがコツ。」

 

ブルドックの刺繍を入れた可愛いものもある。ルシアン・フェローチェ。No.1ヒットシリーズ。

ブル

 

社長「ヤンキーはハートは純粋。キャラクターについては純粋に可愛いと感想をいただいている。最初は怖い龍とか刺繍していたが思うようには売れず。そこでヤンキーのピュアなハートに着目して、愛嬌のある狼、象の船長さん、釣りをする猿など可愛いキャラを刺繍したら大ヒット。」

 

 

社長は外観は普通だが、中身は結構怖そう。言葉の節々で、威圧してくる感じ。

 

 

浅草ラバーズで購入可能。ただ中高生は入れない。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!