Windows

2015年3月28日 at 11:16 AM

HPのパソコンのDドライブ(Recovery Image)のドライブレターを変更したい

HPのパソコンでは、DドライブがOEMパーティーションとなっており、事前にDドライブとして予約されています。

他のメーカーでは、OEMパーティションは不可視にしていることが多いので、HPが異質です。

 

 

このため、Cドライブをパーティション切ろうとしても、切って分割した後方の領域にDのドライブレターを割り当てることができません。

(「コントロールパネル」 – 「管理ツール」 – 「コンピュータの管理」にて、Dドライブを右クリックしても「ドライブ文字とパスの変更」が表示されない。)

 

RecoveryImageパーティーションは、工場出荷時の状態に戻す際などに利用しますが、最近のHPのパソコンの場合、リカバリーDVDが別途付属していることが多いので、それを持っていれば特に必要のない領域です。

 

なので、この領域を削除することで、任意のディスク領域にDドライブというドライブレターを割り振ることができるようになります

 

やり方は、HPの公式に書いてあります。diskpartコマンドを使うやり方ですが、パーティション操作ツールを持っているようなら、それを利用して削除することもできます。

HPサポートセンター HP Z420 – Windows 8 モデルの「Recovery Image」パーティションを削除する方法

 

 

もしリカバリーDVDが付属していない場合(頼み忘れた場合)は、後から購入することは出来ないので、Recovery Image(Dドライブ)を削除すると工場出荷時の状態に戻せません。

USB フラッシュメモリへ 再インストールメディアの作成を行うこともできますが、Recovery Image領域が存在していることが前提となってしまいます。この場合は、ハードディスクを、別に用意した新規物理ディスクにいったんクローニング(ハードディスク全体のイメージをクローンするツールを利用)して、システムバックアップとして確保しておいてから、Recovery Image領域を削除したほうがいいと思います。

HPサポートセンター HP PC – Windows 8.1 / 8 の回復機能を使用して再インストールメディアを USB フラッシュメモリに作成する方法

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!