Windows

2015年4月16日 at 3:50 PM

イベントID:1107 「 .NET Runtime Optimization Service – Failed to execute command from the offline queue」対処方法

Windows Serverにて以下エラーが出力された場合、.NET FrameworkもしくはVisual C++のランタイムに問題がある可能性があります。

 

 

イベント:1107

.NET Runtime Optimization Service (clr_optimization_v4.0.30319_32) –
Failed to execute command from the offline queue: uninstall “System.Web.RegularExpressions, Version=2.0.0.0,
Culture=Neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a, processorArchitecture=msil” /NoDependencies .  
The error returned was Error: The specified assembly is not installed.

 

 

「コントロールパネル」 – 「プログラムと機能」から、現在導入されている.NET FrameworkとVisual C++のランタイムのバージョンを確認し、アンインストール→インストールで解消する可能性があるようです。

 

2010/5/2 Windows公式コミュニティー ”GfxUI has stopped working”__also “Internet Explorer has stopped working”

 

 

.NET Framework 4.5、4.5.1、および 4.5.2 のインストール(.NET Frameworkのダウンロード先。自分の使用しているOSに導入できる最新版を選択します)

 

 

ただ、「.NET Runtime Optimization Service」(プロセス名はmscorsvw.exe)は.NETで作成されたアプリケーションのパフォーマンス最適化を行う・監視するためのサービスです。

停止しておいても、.NETを用いるアプリケーションの起動に時間が掛かるだけで、通常はサービス自身OFFにしているところが多いです。

というのもこのサービスはCPUリソースを非常に多く喰うためです。

 

 

無視しても特段サービス運用には支障はないでしょう。

(そのままだと.NET Runtime Optimization Serviceサービスが立ち上がってない状態になっていると思います。)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!