Windows

2015年5月7日 at 4:20 PM

イベントID:8003 browser「ドメインのマスターブラウザーであると認識している別のコンピューターからサーバー アナウンスを受信しました。」エラー

イベントID:8003

マスター ブラウザーは、自分がトランスポート NetBT_Tcpip_{A28EA50C-3516-4787-A8EC-D839030C6405} のドメインのマスター ブラウザーであると認識している 別のコンピューター AA からサーバー アナウンスを受信しました。 マスター ブラウザーが停止しているか、またはブラウザーの選択中です。

 

 



◆マスターブラウザーとは?

「マイネットワーク」に表示されるコンピューターの一覧を管理するコンピューターのことです。マイネットワークに所属しているコンピューターに、ブラウズリストを提供します。提供するまでには時間がかかるので、「いつまで経ってもマイネットワークに新規参加したはずのPCが表示されない」ということは多々生じます。気長に待ちましょう。

マスターブラウザー

 

 

マスターブラウザーは、あえて固定しない限り、マイネットワーク内に所属しているコンピューターの中から以下優先順位で選ばれます。なので上位のコンピューターが機能しなければ下位コンピューターがその機能を代わりに担います。

 

 

(1)プライマリドメインコントローラ
(2)バックアップドメインコントローラ
(3)WINSサーバ
(4)優先マスターブラウザ設定されたもの
 レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Service\Browser\Parameters\IsDomainMasterが「YES」or「True」である

(5)動作中のバックアップブラウザ

 

 

これに加え、OSのタイプ(サーバー用OS > クライアント用OS > 旧いクライアント用OS)や起動順、NetBIOSのアルファベット順も影響します。

 

 

 

上述の8003エラーはネットワーク通信上の問題などで、マスターブラウザーとなっていたコンピューターが、別のコンピューターにマスターブラウザーとしての機能を代位したときに表示されます。

基本的には、マイネットワーク上にいつまでも参加したはずのコンピューターの一覧が表示されない・・・などの問題がなければ、とくに修正せずそのまま運用して構いません。

 

2011/8/25 Ask the Network & AD Support Team エラーイベント MRxSmb、ID:8003 が頻繁に発生する

 

 

◆マスターブラウザーになっているパソコンを割り出す方法

> nbtstat -n

出力結果に、__MSBROWSE__ が含まれる場合、マスターブラウザのPCです。

 

 

また、OSのインストーラーDVDの中にもサポートツールでコマンドが用意されています。

1.OSのインストールCD-ROMの\SUPPORT\TOOLS\SETUP.EXEを実行して、システムにインストール。
2.コマンドプロンプトを開き、browstat status を実行します。
3.出力結果の、Master browser name is: xxxx が、マスターブラウザのPC名です。

 

 

 

◆マスターブラウザーにするコンピューターを固定する方法

上記にあるレジストリを変更する方法以外に、

 

マイネットワークに参加しているコンピュータのサービス「Computer Browser」を一旦すべて停止し、マスターブラウザーにしたいパソコンから順に、「Computer Browser」サービスを上げ直す(もしくはマスターブラウザーにしたいパソコン以外の「Computer Browser」サービスはすべて停止したままにしておく)ことでも実現できます。

 

 

 マスターブラウザの確認

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!