Android フリーツール/シェアウェア

2015年5月25日 at 7:05 PM

富士フィルム FinePix(ファインピックス)デジカメやAndroidスマホで、誤ってデータを削除した復元したい

富士FinePixシリーズは、USBケーブルでカメラとパソコンと繋ぐと、PTP(Picture Transfer Protocol。カメラモード)で通信します。

 

このため、ファイルエクスプローラー上から確認すると、論理ドライブ名は「E:\」とかでなく、

 

「FinePix F100fd:\」

 

 

などという機種名のドライブ名になります。そして、「コントロールパネル」 – 「コンピューターの管理」上でドライブを見ようとしても見れないことがあります。

(また、写真ファイルの読み込みは出来ても書き込みは出来ません)

 

 

そうすると、例えば富士のデジカメ上でデーターを誤って削除したときに、復元ツールで戻したいと思っても、デジカメのドライブを論理・物理とも認識できない場合があります。

 

 



◆メモリーカードリーダーを付けてみたら?

理論上は、デジカメ内のメモリーカード(micro SDカードなど)内に写真データを移動し、そのメモリーカードをカードリーダーにセットしてパソコンに接続すれば、論理ドライブとして認識できるはずなのですが、何故か認識できない場合もあります。

 

メモリーカードの規格の問題(Class 4とか)なのか、それともパソコンのOSバージョンの問題なのか?接続モードの問題なのか?

 

 

◆カードリーダースロット付きのノートパソコンやスマホにSDカードを装填してパソコンに繋げば、論理ドライブとして認識できる場合がある

メモリーカードスロット付きのノートパソコンやスマホなら、ドライブとして認識できることが多いです。

 

スマホの場合、モードを「USB接続モード」に切り替える必要がある可能性があります。

2013/4/20 Jashi’s ROOM dtab、PCとUSB接続、4つのUSBモードの使い分け

 

 

2011/7/28 あんスマ 誤って削除してしまったファイルはUSB接続で「Recuva」を使えば復元できるゾ

USB接続の方式が「MTP」などになっているとパソコン上で外付けドライブとして認識されない。Androidの設定の「USB接続」などで、「カード リーダーモード」などになっていることを確認しよう。希に存在するカードリーダーモードに対応していない機種では、SDカードを取り外してUSBカード リーダーを使ってパソコンに接続するなどしよう。

 

 

◆無料の復元ツールは、精度が悪い

無料ツールのRecuvaや、EaseUS Data Recovery Wizard Freeでは、復元チェックをしても、ほとんど復元できる対象がないケースが多いです。

復元

 

私は、ファイナルデータ 特別復元版で復元が出来ました。下述では不可能というyahoo!知恵袋先生のコメントを転載していますが、私はFuji FinePix F100 fdで出来ました。選べる対象として論理ドライブだけでなく、物理ドライブもスキャンできます。

完全復元の外部メディア専用版では、デジカメを認識できませんでした。PRO版なら出来たかもしれません。

復元02

 

有料復元ツールは、チェックのみなら体験版で出来ます(戻しは購入しないと出来ません)

無料でやりたい場合は、色々な復元ツールを試してみるのもありかと思います。

 

FileRecovery

freesoft100 無料ファイル復元・データ復旧ソフト配布サイト

 

 

◆富士フィルム FinePixは、一部消去を行うと戻らない可能性がある。完全消去なら大丈夫な可能性がある

 

2006/5/20 yahoo!知恵袋 今、FUJIFILMのFinePixを使用しているのです

danton3kさん

2006/5/2022:37:13

富士に限っては、削除と同時にデータを消し潰すんです。だからどのソフトでも復活は不可能なんです。高額な企業向けの復活サービスを使っても無理です。国内大手の提携先の海外企業に送っても無理です。

貸し借りする場合にはセキュリティ上非常に良いのですけど。
http://homepage2.nifty.com/siba-nobu/dmt/

 

デジタルメディア トラブル対策 (デジカメ トラブル対策)

 

ちなみに誤って削除した場合は、その後復元をトライするまでの間、何もいじくらないようにすべきです。

撮影を継続したり、なんとかしようといじったりすると、戻るファイルが減っていきます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!