Web収入

2015年6月29日 at 9:54 PM

藤岡久仁章氏の隠密アフィリエイトとノンバトルアフィリエイトの違いとは?

ノンバトとは、ライバルがいないキーワードでアフィリエイトをする(そもそもライバルとは戦わない)というネガティブな手法ですが、隠密アフィリエイトは、レッドオーシャン(加熱しているカテゴリー)で、ライバルが攻めていないポイントを、キーワード選定スキル一本で攻めるアクティブなアフィリエイト手法です。

 

 

この違いは大きく、

ノンバトは大きなライバルサイトが参入するには割に合わなそうな分野で、コピペなどの最小限の労力で「マーキング」していくことで、たまたまウォンツがあったユーザーをひっかけるやり方な分大きくは化けません。このためその欠点を補うため、NEOノンバトと言われる、ミドルレンジ(中期的な目)でサイトを構築し・育てていく手法をとります。つまりワード選定で不足する分を、サイト構築・運用スキルで補います。

 

隠密はもともと成功が約束されている土壌で戦うので大きなアクセスを見込める反面、後からライバルが追いかけてきた場合、牙城を覆される可能性があります。

 

 

両者ともキーワード選定に多くの時間をとられます。

ただ大きな時間をとられる分、キーワード選定のスキルは大きく向上します。

 

 

隠密の商材は、初級・中級・上級と分かれており、初級はツール依存、上級はアフィリエイターのスキル依存になっています。

 

 



◆どうしたら隠密アフィリエイトを極限まで生かせるの?

youtube収益化に喩えるとわかりやすいです。

大きく成功しているHIKAKINやマックス村井の領分に入り込もうとしても普通に考えて無理です。

 

 

HIKAKINは主に商品レビュー。マックスむらいは人気ゲームのレビューで大きなアクセスを稼いでいます。

ここに華麗に潜り込んだ人がいます。それがシバターです。

 

 

え?シバターはヒールというカテゴリーだし、違うじゃんというかもしれませんが、

彼がやっているのは商品を取り扱う動画(壊してみたとか)とゲームを取り扱う分野(レアアイテムを即売ってみたとか)です。

iPhoneだしパズドラだし同じじゃん。

でもやり方が違います。取り扱うカテゴリーは同じなのに、攻める手法はゼロから作り上げています。

シバター(斉藤光)とは?|Googleが永遠に採り上げない炎上狙いyoutuber

 

 

上級編はこのシバターになるようなものです。

儲かっている人と同じカテゴリーのものを、自分なりのやり方でアレンジして「もぐりこむ」のです。

忍者

 

酒鬼薔薇聖斗の本を、事件とは無関係ながらずっと追い続けたドキュメンターが書いてもそこそこ売れますが、それを作家でもない本人が書いたらそれはそれでまた爆売れするのと同じです。

 

 

自分なりのプラスαをどう入れられるのか?で、既にヒートアップしている領域(看護士とか)でも参入できるのです。

 

 

そのプラスアルファとなる要素を、ワード選定スキル1本で行おうというのが、隠密アフィリエイトです。

向いていない人はいつまでも初級編の領域で終わるでしょうし、何かのコツなりめんどくささを諸ともしないマインドさえあれば上級編のレベルまで到達できるでしょう。

 

 

ただ私個人としては、自分が行けそうと思うならとりあえず作ってみればいいじゃないと感じます。

キーワード選定に時間をとられるくらいなら、まず自分で色々サイトや記事を作ってみる。その上でその結果から自分として儲かりそうな分野にポイントを絞りこんでいくのが最短ではないかなとも思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!