節約生活

2016年12月24日 at 1:25 AM

門扉の取っ手の芯(軸)が折れて壊れた → 修理とか代替部品とか入手できないの?

門扉の取っ手は消耗品なようで、5~10年経つと、中にある芯棒が摩耗し折れたりして使い物にならなくなります。

 

 

で、修理する際は、家の建築を請け負った建築会社に、代替部品がないか、どこのメーカの製品で型番は何か?を教えてもらう/相談するのが王道ルートとなりますが、大抵は門扉丸ごと交換を勧められてしまいます。相手も商売ですから・・・

そうすると30万くらい費用がかかってしまうので、もったいない!

 

 

以下の会社などで、代替品の調査をしてくれるようです。

東和建設株式会社 東京都町田市金森東1-21-6

 

 

 

力がかかる部分なので、金属パテなどで直そうとしても、パテが摩耗して2~3か月でまたバカになってしまうでしょう。

 

 

とはいえ、DIYでなんとかするには、汎用錠を探します。

大抵のものは、縦15cm、横7cm程度です。お値段は7000~20000円程度。

 

 ライオン錠

片倉建鉄株式会社 神奈川県横浜市神奈川区羽沢町47-4

 

 

うまく合致するケースは少ないかと思いますが、とりあえず機能すればよしとするしかありません。

そして合う汎用錠を見つけたら、ストックをいくつか買っておきましょう。また次の10年で摩耗してダメになった時の対応です。

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!