Web収入

2017年1月17日 at 3:52 PM

ヤフオクで、自分の出品のウォッチリストの登録数が減っていく|ウォッチリストを削除する理由

ヤフオクで、自分の出品に関する加熱度を把握するには、閲覧数とウオッチリストの数が指標になります。

ウォッチリストは、以下の理由で登録/削除されるケースがあるため、一概に入札に結びつくとは限りません。

 

 

1.商品の一般的な落札額(相場)が知りたい

終了オークションの一覧を見ればいいのですが、頻繁にヤフオクをチェックしている人は、現在のオークションもチェックしています。

 

 

2.現在価格が、既にお買い得ではない

割安に思ったから入札しようと思ったけど、一定額以上の値がついたので、もうお買い得感がなくウォッチもしないというケースです。

 

 

3.他の商品を落札した

大抵1つしか狙ったものがない・・・ということはありません。

気になっているものを複数ウォッチして、オークション期限が近いものから落札し、予算オーバーになったからもう他は入札できないケースです。

 

 

4.後日追加された出品が怪しい

信頼できると思ってたら、後日悪評価が入っていたり、怪しい商品が追加出品されていたケースです。

 

 

5.お気に入りを厳選したい

ウォッチリストの登録が多いと、オークション終了時間が重なり、同時間帯に多量にスマホのアラームが鳴るだけで、煩わしいだけというのがあります。

 

 

 

ほとんどのケースでは、ウォッチリストは登録上限まで登録することはないので放置ですが、上記の2,4,5のケースではウォッチリストを削除されるケースは考えられます。

 

 

 

ウォッチリストの登録数は数多ければいいわけでもありません。閲覧数と比較して10%くらいがちょうどよい感じです。

・20%以上→ウォッチリスト率が高い。
・10%程度→ちょうどいい
・5%未満→少ない

 

 

なのでウォッチ数が過熱気味であれば、削除されても、気にしないで構いません。

 

 

ウォッチリスト登録数の7割は、興味本位だけの登録で、入札には結びつかないのが現実です。

高くても欲しいと思わせるには、閲覧数に占めるウォッチリストの比率ではなく、数の素養自体を上げていく必要があります。

例えば、単純に安値から出品すると、上記2のウォッチ登録の数が多くを占めるようになってしまいますが、注目のオークションポイントを稼ぐことが出来、上位表示されやすくなります。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!